2nd day:The Making Of Harry Potter

ふつかめ。この日は旅のメインである、ハリーポッターの撮影スタジオである「リーブスデンスタジオ」に行ってまいりました。

バスの時刻表示はこんな感じ!左から二番目の数字はバスの路線番号で、次が行き先、右端が到着までの時間が表示されています。とても親切!私たちは148番、ホワイトシティ行きでシェパーズブッシュ駅に向かいます。

この駅で衝撃の事実が発覚します。事前に調べておいた路線の電車がほぼ一時間に一本のペースでしか走っていない!?このままでは予約してあるスタジオツアーの入場時間に間に合いません!余裕持って出て来たのに!大混乱の私の代わりに友達が駅員さんに確認をとってくれて、同じ駅への違う行き方があることが分かりました。前日のホテルへのバスのミスも自分の判断が原因だったので、もうこの時は本気で焦りました…

もしロンドンで鉄道を利用するならTransport for Londonをスマートフォン等で使えるようにして行かれることを強くおすすめします。(このサイトではバスも検索してくれるので超便利です)。実はふたりともガラケーだったのでネット環境には恵まれず、常に地球の歩き方を片手におろおろしていました。

overground_train

さて一安心して電車に乗りこみます。途中で乗り換えもありましたが、東京の駅で「○○線○○線…」と表示をたどればだいたい間違いなく着くのと同じ感覚で難なく乗り換えられました。予定とは違う電車を使ったのでどの駅で乗り換えたのかは忘れてしまいましたが…。

shepersbush_annai

10時31分ワトフォードジャンクション行き。なんとか無事に目的地へとたどり着けそうです。

そして着いたワトフォードで珍事件。下りたホームから随分改札が遠くて、なんとなく周りについて歩いていたら、途中改札ではないところでオイスターをタッチするところがあったんです。周りがみんなそこにタッチするから私たちも見よう見まねでタッチしていったら、そのあと普通に改札が現れるわけですよ!みんなもうタッチしてしまったよ…とびっくりして駅員さんに質問した一人の会話に耳を傾ける始末。みんなハリポタスタジオツアーに来たんですね、不慣れな土地なんですね、と謎の一体感が生まれた瞬間でした。

手作り感満載

手作り感満載の案内に誘導されてスタジオ行きのシャトル待ちです。私たちのような外国人がたくさんいて、アジアはやっぱり中国人が多かったですね。スタジオでは日本人もちらほらいました。

バスの窓から見たことのある景色が見えてきて、もう、声が抑えられませんでした…!オープンのときのレッドカーペット中継で見た景色が!とうとう!すぐそこに!

 

 

ここから先は本当にたくさんの写真を撮ったのですが、残念ながらネットで公開することは許されていないのでネタバレのない程度に感想だけを…

ロンドンに来る前は私、ロンドンに行けばあの世界に行けるみたいなことを少し思っていたんですよね。でもいざこのスタジオの中に入ったら、そこは魔法の世界ではなくて、現実にある映画の舞台裏でした。それだけだって十分すぎるほどなんですが、10年見続けた「「魔法の夢」に一区切りついた瞬間でした。10代のうちにそれに出会えてよかったなって本当に思います。

映画のなかで見た景色(大広間だったり、スネイプ先生の地下教室だったり、ハグリッドの小屋だったり…)が、ホグワーツ城の中ではなくて、手を伸ばしたら触れそうな距離にあって隣り合って並んでいるっていうのが一番不思議なところでした。本当はこれは現物によく似せて作った模型なんでしょう?スコットランドに行ったら私たちマグルには見えないようになっているホグワーツ城があって森が湖が天文台が暴れ柳の本物があるんでしょう?と、思ってしまうほどに。

でも、大広間に設置されていてキャスト達が実際に座ったという長椅子に腰かけたりしていたら、「映画が撮影された10数年」は現実なんだなあと思いました。あんなちっちゃかったダニエルやエマやルパートが、スタジオツアーの最初に映像で笑いかけてくれたような大人になるまで間をこのセットの中で過ごして、本気で仕事してたってことは、夢でも魔法でもなく現実のことだったわけで。目の前の「魔法界」の中にハリー達を探すのをやめたら、キャスト達の10年間が見えてきました。こんなにたくさんの大人たちが本気でわたしたちに夢を見せてくれていたのだ!と思ったら、最後には泣いてしまいそうでした。ラストにあったローリング女史の言葉にまた胸が締め付けられました。ポッタリアンが信じ続けるかぎり魔法は終わらない!

以下写真です

 

syQdE309R4F3Pk3_1348571334

 

念願のバタービール飲みました!!!甘い!しゅわしゅわ!とっても美味しかったです。USJでも飲めるようになるんでしょうか?作れるものなら自宅でも作って飲みたいくらいでした。でも作中でバタービール飲んで温まろうって言ってると思うんですけどこれ普通に冷たかったです。笑

chocolate_

 

スタジオツアーをまわり終わって、一通りお土産も買い終えて一休みのチョコレートマフィンとカップケーキ。対面式で注文するとなるとまずうまく発音できるかメニューを眺めてしまいます。カップケーキを選んだ相方は甘すぎるとひいひい言いながら食べていましたがこのマフィンは絶品でした。お昼ご飯も忘れて見学していたおかげもあって余計に。当初午後には別の場所に行くことにしていたのですが、あまりにも名残惜しすぎてもう日が暮れるまでここにいようということになりました。

ツアーでは音声ガイド(良く見たらiPhone)を貸し出してくれるんですが(別料金)これは日本語も対応していて助かりました。セットを見学するのに言語は関係ない感じでしたが、裏話や設定などを音声ガイドのムービーで見ることができたので字幕のありがたさが身に染みました。ぶっちゃけセットだけ見るのでも胸いっぱいお腹いっぱいになれますが、たくさんインタビュー等も見れるのでゆっくり過ごしたい方にはおすすめです、音声ガイド。

studio_shuttle

 

これがスタジオシャトル!こんなバスが迎えに来てくれるなんてテンション上がっちゃいますよね。往復2ポンド。

studio_shopping

 

最後に戦利品!カエルチョコと百味ビーンズ!!!カエルチョコでかすぎです…開けてびっくりしました…。あと校章寮章ピンバッジも買ったのですがこの写真には写ってないですね。下にある冊子がガイドブック。撮影風景とかもたくさん載ってて眺めてるだけでも楽しいです。(英語なのでまだちゃんと読んでいない)

以上ハリポタ漬けの一日目でした。ちなみにロンドンの9月はもう冬です。

 

 

広告
カテゴリー: HP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中